睡眠医学

深く快適で健康的な睡眠に勝るものはありません。しかし多くの人々が不眠症に悩まされています。不眠症は隣で寝ている人にとって煩わしい上に、本人にとっても重荷です。睡眠障害は、原発性いびきと睡眠時無呼吸症候群に大別されます。いびきの他、睡眠中に一時的な呼吸停止を呈します。この疾患を未治療のままにすると、結果として疲労、パフォーマンスや集中力の低下、高血圧を生じる可能性がある他、心臓発作と脳卒中のリスクが上昇する恐れがあります。つまるところ、不眠症に悩まされる本人である、あなたの生活の質が著しくするのです。 

睡眠を正常化する手段として、当院の専門クリニックでは最高峰の医療を駆使し、耳鼻咽頭医学に基づいた最新の診断法および治療法で様々な有効性の可能性を提供します。当院は、いびきと睡眠関連呼吸障害の診断および治療を専門としています。綿密な対話を通して、患者さんの睡眠習慣と睡眠障害を分析するとともに、(長い間悩まされてきた) 隣で眠るパートナーの観察についても相談を承ります。この目的の下で開発された質問票を用い、各患者さんの睡眠障害が及ぼす影響の評価と分類を行うことができます。 

耳鼻咽頭の内視鏡検査を用いることで、鼻、軟口蓋および喉の内部に現れた睡眠医学に関連のある変化を診断し、各患者さんの治療に重要な情報を取得することができます。さらに小型睡眠検査装置 (睡眠ポリグラフ装置) での検査によって、各患者さんの睡眠障害に特有の手がかりを得て、いびきと睡眠時無呼吸症候群を分類することができます。小型睡眠検査装置とは、自宅で便利に検査を受けるための携帯型診断装置のことです。この検査によって、呼吸、いびき、脈拍および血中酸素供給量を測定します。測定値の分析によって重度の睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、院内に設置された睡眠検査室での追加検査が必要となります。場合によっては、睡眠時にマスクを装着するCPAP 療法を受ける必要もあります。 

軽度または中等度の睡眠時無呼吸症候群と診断された場合ももちろん、これに代わる治療法について各患者さんと相談します。重度の睡眠時無呼吸症候群の場合、当院では咬合挙上スプリントの装着または外科的処置を推奨しています。 

いびきに対する外科手術 

睡眠時無呼吸の外科治療において、当院で実施している介入は以下の通りです。 

  • 軟口蓋形成術 (扁桃切除有りまたは無しの 口蓋垂口蓋咽頭形成術 [UPPP])
  • 舌底部および軟口蓋を標的とした高周波療法
  • 鼻甲介切除術
  • 鼻中隔の弯曲矯正術
アドバイスはありますか?
Priv.-Doz. Dr. med. Christoph Bergmann

私講師-Doz。 博士 med。Christoph Bergmann

さらに詳しい情報に興味がありますか?
私の練習で個人的な相談や約束をしたいですか?

あなたに合うのを楽しみにしています。