中耳換気障害

気圧での耳詰まりは、だれもが体験する現象です。例えば飛行機の離陸や着陸時、スキーリフトに乗っている時や運転中に起こります。この問題はほとんどの場合、あくびをしたり中耳内圧が外気圧と等しくなると解消します。ただし一部には、この中耳内圧と外気圧を平衡に保つ機能が乱れている患者さんがいます。耳管 (エウスタキオ管) と呼ばれる部位が機能障害を起こしている状態であり、恒久的な中耳内圧や、耳の痛み、聴覚障害にまで悪化する可能性があります当院ではおよび耳管の詳細な検査を行う中で、患者さん本人と相談しながら適切な治療法を決定します。 

当院では患者さんの症状緩和のため、包括的な診断法と最新の治療法を提供しています。鼻手術に加え、鼻咽頭と中耳をつなぐ耳管をやさしく拡張する場合があります。手術は短時間麻酔を使用して侵襲性を最低限に抑えた手法で行われ、所要時間はほんの数分です。術中にバルーンを使用して耳管をわずか数ミリメートル拡張するだけで、大きな変化が得られます。この耳管拡張と呼ばれる手術によって、手術を受けた患者さんの 70 パーセント以上でプラスの効果が長続きしています。耳管の正常機能が回復し、煩わしい症状が消失します。 

アドバイスはありますか?
Priv.-Doz. Dr. med. Christoph Bergmann

私講師-Doz。 博士 med。Christoph Bergmann

さらに詳しい情報に興味がありますか?
私の練習で個人的な相談や約束をしたいですか?

あなたに合うのを楽しみにしています。