Zurück

デジタル ボリューム トモグラフィー (DVT)

耳鼻咽頭器官および歯や顎部位に現れる疾患を診断する際、多くの場合において正確な撮像が不可欠です。当院では、最新のデジタル X 線技術であるデジタル ボリューム トモグラフィー (SCS Med Series H30) を提供しています。この技法には数多くのメリットがあります。3 次元の X 線処理によってで、頭部、首および顎部位に特化した高解像度の 3D 画像を撮影します。以前の 2D 画像と比較して、はるかに多くの情報量が得られます。デジタル ボリューム トモグラフィーによって、以下のような数多くの疾患に関連する骨構造とその周辺を詳細に評価することが可能です。 

  • 術前および歯科インプラント処置前の副鼻腔疾患の診断
  • 副鼻腔内の感染症、嚢胞とポリープ
  • 中耳疾患
  • 慢性中耳炎と耳奇形の診断
  • 顎、歯単体または歯根の疾患
  • 顔面中央の骨損傷の診断

デジタル ボリューム トモグラフィー (コーンビーム CT) は、高速で頭部の断面画像を生成します。短時間の検査後に、コンサルテーション中に画像を患者さんに見せながら直接話し合うことができます。特殊な X 線処理により狭いトンネルに入る必要がないため、閉所で息が詰まるような感覚に陥ることもありません。この検査法ではヘッドレストのみを装着するため、閉所恐怖症の患者さんにとっても問題ありません。 

検査後は、体内構造をあらゆる角度から撮影した正確な画像をモニター上で見て、医師と相談することができます。この検査では放射線被ばく量が最低限に抑えられ、最大放射線被ばく量は通常のコンピュータ断層撮影 (CT) の被ばく量の 50 パーセントに相当します。従来の CT 検査と比較して放射線密度が低いため、水晶体の疾患リスクも軽減されます。 

アドバイスはありますか?
Priv.-Doz. Dr. med. Christoph Bergmann

私講師-Doz。 博士 med。Christoph Bergmann

さらに詳しい情報に興味がありますか?
私の練習で個人的な相談や約束をしたいですか?

あなたに合うのを楽しみにしています。