アレルギー学

アレルギーとは、花粉、イエダニ、かび、動物の毛や食品など、環境的には無害な物質に対する身体の反応を指します。ドイツ国内では、およそ 5 人に 1 人の成人がアレルギー症状に悩まされています。アレルギー症状は煩わしいばかりでなく、生活の質をも著しく低下させます。アレルギーの主な症状は、鼻のむず痒さや鼻水、目のむず痒さや焼けるような痛み、または発疹です。アレルギーを未治療のままにすると、多くの場合アレルギー性喘息などの重度の症状へと発展します。 

非常勤教授を務める Christoph Bergmann 医師は、研究者および同僚医師の講師として活躍するアレルギー学分野の著名な専門家であり、当院の耳鼻咽頭科で患者さんの悩みにお答えします。長年の経験と包括的な診断法および治療法の選択肢を駆使し、患者さん個人に合った最高峰の治療をご提供します。 

診断 

診断では常に患者さんとの対話に重点を置き、時間に急かされず安心して話せる環境を提供しています。この段階でも大抵、アレルギーや不耐性の可能性を示す特定の徴候が見つかります。そのため当院の耳鼻咽頭科では、一般的な検査手順を全て用いてアレルギーの特定を行います。このようなアレルギー検査には、皮膚プリック テストや、血中のアレルゲン特異的抗体の測定 (RAST CAP 検査)、鼻粘膜誘発テストが含まれます。 

治療 

幸い、アレルギーは制御可能です。治療の成功を支える 3 つの柱は、回避、薬物療法およびアレルギー免疫療法です。 

回避とは、アレルギーを誘発する物質を回避することです。当たり前のように思われますが、効果的です。ただし、日々の生活では回避できない場面も多くあります。アレルギー症状を緩和するための医薬品は数多くあり、錠剤やスプレー式点鼻剤、点眼剤といった剤形の抗ヒスタミン薬により、アレルギー反応の阻害が試行されてきました。コルチゾンを含有するスプレー式点鼻剤も特に有効であり、副作用が少ないという特徴があります。 

主な治療法はアレルギー免疫療法であり、一般に脱感作療法またはアレルギーワクチンとも呼ばれます。アレルギー免疫療法は、3 年間の治療を通してアレルギーの原因と直接戦い、完全にアレルギー反応を予防することのできる唯一の治療法です。この療法は、注射による皮下免疫療法 (SCIT) 、または液剤や錠剤を服用する舌下免疫療法 (SLIT) といった形式で利用できます。アレルギー免疫療法は、アレルギーが肺へと拡大しアレルギー性喘息を呈する、「重症度変化」と呼ばれる過程を予防できる唯一の治療法です。 

当院では、患者さんへの徹底したコンサルテーションの提供と、個人に合わせた治療プログラムの開発に取り組んでいます。当院のアレルギー診断および治療プログラムは、ドイツ アレルギー臨床免疫学会ならびにドイツ アレルギー学会の各ガイドラインを厳格に遵守しています。 

アドバイスはありますか?
Priv.-Doz. Dr. med. Christoph Bergmann

私講師-Doz。 博士 med。Christoph Bergmann

さらに詳しい情報に興味がありますか?
私の練習で個人的な相談や約束をしたいですか?

あなたに合うのを楽しみにしています。