Zurück

鼻腔と副鼻腔の手術

鼻呼吸がしにくいと感じますか?ほとんどの場合において、このような症状の原因は鼻中隔の弯曲または鼻甲介の肥大です。鼻中隔は、鼻呼吸において極めて重要な役割を果たします。鼻中隔は、軟骨部と骨部から成る支持骨格であり、いわば鼻の解剖学的構造を形作っています。鼻手術を専門とする当院のスペシャリストが、最新の診断法をご提案します。多くの鼻疾患は保存療法で治療することが可能ですが、手術が必要な場合は、侵襲性を最低限に抑えた手法で施術します。そのため、煩わしい鼻孔内タンポンを詰める必要もありません。複雑性とストレスを軽減した手術は、患者さんにとっての大きなメリットです。 

内視鏡的副鼻腔手術 

再発性の急性炎症や、嗅覚障害、鼻呼吸困難にお悩みですか?鼻水が頻繁に出ますか?このような症状は多くの場合、副鼻腔内の慢性的な変化が原因で生じます。このような副鼻腔内の変化は気管支に悪影響を与え、さらには肺疾患が発生したり悪化する原因となります。薬剤が効かない場合は、手術の検討をお勧めします。当院では、侵襲性を最小限に抑えた内視鏡的技術を使用して副鼻腔の手術を行い、強力かつ持続的な改善効果と、生活の質の大幅な向上をもたらします。この手術においても、大多数の場合は鼻孔内タンポンは必要ありません。 

アドバイスはありますか?
Priv.-Doz. Dr. med. Christoph Bergmann

私講師-Doz。 博士 med。Christoph Bergmann

さらに詳しい情報に興味がありますか?
私の練習で個人的な相談や約束をしたいですか?

あなたに合うのを楽しみにしています。